ページ

2017年6月1日木曜日

第58回 OPEN BIM cafe募集開始です!

6月になりましたーー!!!


第58回OPEN BIM cafe!


気になる内容はこちらです!!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

--------------------------------------------------------------------
【7/21(金)OPEN BIM cafeのご案内(セミナースケジュール)】 

・18:30~19:10(40分) 

 (株)インフォマティクス 金野 幸治 様
 「GyroEye Holo 現実と図面の重ね合わせ」

・19:10~19:20(10分) 

 ブレイクタイム 
 ※お好きなドリンクをお選び下さい 

・19:20~20:00(40分) 

 キャデナス・ウェブ・ツー・キャド(株) 上田 義男 様
 「【最新テクノロジー】マルチCADライブラリを紹介
  ~Revit,ARCHICAD他…各種ネイティブフォーマット対応~」

・20:00~21:30(90分) 
 パワーディスカッション 
 ※ビジネス力アップのためのパワーディスカッション 

--------------------------------------------------------------------

先着20名です!

お申し込みはこちら↓ ↓ ↓
http://kokucheese.com/event/index/470757/

今回のお申し込みは、募集ページのサーバーメンテナンスのため
15時から募集開始です。

では、みなさま!
お待ちしております!

7月21日にお会いしましょーー!

2017年5月30日火曜日

第57回 OPEN BIM cafe

先日行われました
第57回 OPEN BIM cafe!


まず初めにお話し頂いたのは、

竹中工務店 染谷 俊介 様より


「実用としての3次元計測 ―試行からの脱却―」です!





今回は、竹中工務店様で取り組まれている3次元計測の位置づけや
実際に試行した事例の中で成功事例だけでなく、
失敗事例もご紹介して頂きました!

3次元計測活用目的としては、歴史的建造物の形状記録
施工精度の確認シミュレーションモデルの作成など様々な
目的があるそうなのですが、一番多い目的としては、
既存の建物の図面化に活用することだそうです!

図面化に活用するメリットとしては、実測したデータを下絵にするため
0から作図するよりも整合性が高いとのことです。

様々な活用目的がある3次元計測ですが、教訓として
目的を明確にし、目的に沿った精度計測方法
選択することが重要とのことです。

3次元計測器は高精度の機器から、iPadに装着して計測できる
お手軽の機器まであり、今後も3次元計測を活用した事例に注目です!



続いては、

AUTODESK 濱地 和雄 様より


「国内外におけるBIM/建設ICTの最新動向について」です!





今回は、AUTODESK様の近年の取組みから
設計や施工、FMでの活用についてご紹介して頂きました!

中でも特に印象に残った内容として、ジェネレーティブデザインです!

今までは、1人の人間と1台のコンピューターで限定的なデザインの
オプションを生み出してきましたが、今後は・・・
1人の人間+人工知能(AI)のアルゴリズム+クラウドコンピューティング
による無制限のパワーによって何百、何千通りものデザインのオプションを
生み出すことが可能になるとのことです!

様々な条件を変更するたびに無数のパターンが生成され、
シミュレーションを繰り返すことで、より良い最適なデザイン
生むことができるとのことです!

近年、AIIoTビックデータが話題になっているので、
この取組みも今後注目ですね!



さあ!パワーディスカッション!!





次回は7月21日です!!


募集開始は6月1日(木)の15時からです!
(※募集ページのサーバーメンテナンスのため)


では!また!お会いしましょー!

2017年4月3日月曜日

第57回 OPEN BIM cafe募集開始です!

4月になりましたーー!!!


第57回OPEN BIM cafe!


気になる内容はこちらです!!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

--------------------------------------------------------------------
【5/19(金)OPEN BIM cafeのご案内(セミナースケジュール)】 

・18:30~19:10(40分) 

 竹中工務店 染谷 俊介 様
 「実用としての3次元計測 ―試行からの脱却―」

・19:10~19:20(10分) 

 ブレイクタイム 
 ※お好きなドリンクをお選び下さい 

・19:20~20:00(40分) 

 AUTODESK 濱地 和雄 様
 「国内外におけるBIM/建設ICTの最新動向について」 

・20:00~21:30(90分) 

 パワーディスカッション 
 ※ビジネス力アップのためのパワーディスカッション 

--------------------------------------------------------------------

先着20名です!

お申し込みはこちら↓ ↓ ↓

http://kokucheese.com/event/index/459652/

では、みなさま!
お待ちしております!

5月19日にお会いしましょーー!

2017年3月20日月曜日

第56回 OPEN BIM cafe

先日行われました
第56回 OPEN BIM cafe!


まず初めにお話し頂いたのは

(株)東急コミュニティー 小島様、石井様より 

「3D建物数量積算・情報管理システム『TC3ARD(ティーシーサード)』ご紹介」 です!




今回は、建物の修繕情報などを管理する
TC3ARD(ティーシーサード)』についてご紹介して頂きました!

TC3ARDは、現地で撮影した画像をつなぎ合わせて作成した
3Dモデル上で修繕情報などを管理する情報管理システムとのことです。

情報管理の機能としての主な特徴は、
①工事をいつ実施したのか、建物の修繕に関する履歴
 連続的に表現できる時系列での管理
②工事の実施範囲を3Dモデル上で一目瞭然となる情報の可視化
③場所や部位ごとに写真見積書蓄積・閲覧できるデータベース。
と修繕に特化した機能が特徴とのことです。

数量積算としての主な特徴は、
①数量の根拠を3Dモデル上に表現できる見積書数量のビジュアル化
②欲しい箇所や部位の情報を1クリックで積算できる簡単な操作性
③一般的なPC環境で作動する広範囲な作動環境
と簡単な操作で必要な情報を積算できるのが特徴とのことです。

3Dモデル上で情報を見える化することで、
住民との合意形成に役立つとのことです!

今後も設備(給排水管)情報管理も開発中とのことで注目です!



続いては、

積木製作(株) 関根様より

「建築/建設業界でのVR活用事例」です!




今回は、近年注目されているVR建築/建設業界での
活用事例をご紹介して頂きました!

住宅から都市レベルまで様々な事例をご紹介して頂きましたが、
特に印象に残ったのは、教育としてのVR活用です!

現場作業員のを守ることを目的とした
工具の作業シミュレーション高所作業のシミュレーション
VRを活用して危険を体験するとのことです!

他にも施工管理者向けに工事現場を再現したVR空間の中で
図面や基準と間違っている箇所を探して学ぶという活用事例もあるとのことです!
この問題も何パターンかあり、ランダムに出題されるとのことです。

見て聞いて学ぶ座学だけでなく、体験することでさらに理解度が増すとのことです!

最後にVRだけでなく、今後注目されるARMRとの違いや
特徴などをご紹介して頂きました!


さあ!パワーディスカッション!!



次回は5月19日です!!


募集開始は4月3日(月)の正午からです!


では!また!お会いしましょー!

2017年2月1日水曜日

第56回 OPEN BIM cafe募集開始です!

2月になりましたーー!!!


第56回OPEN BIM cafe!


気になる内容はこちらです!!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

--------------------------------------------------------------------
【3/17(金)OPEN BIM cafeのご案内(セミナースケジュール)】 

・18:30~19:10(40分) 

 (株)東急コミュニティー 小島 昌樹 
  「TC3ARD(3D積算・情報管理システム)ご紹介」

・19:10~19:20(10分) 

 ブレイクタイム 
 ※お好きなドリンクをお選び下さい 

・19:20~20:00(40分) 

 積木製作(株) 城戸様、関根様
  「建築/建設業界でのVR活用事例(仮)」 

・20:00~21:30(90分) 

 パワーディスカッション 
 ※ビジネス力アップのためのパワーディスカッション 

--------------------------------------------------------------------

先着20名です!

お申し込みはこちら↓ ↓ ↓

http://kokucheese.com/event/index/449937/ 


では、みなさま!
お待ちしております!

3月17日にお会いしましょーー!

2017年1月24日火曜日

第55回 OPEN BIM cafe

先日行われました
第55回 OPEN BIM cafe!


まず初めにお話し頂いたのは

鹿島建設(株) 吉田 知洋様で 



「What‘s Construction BIM -日建連が推進する施工BIMの動向-」 です!




今回は、(一社)日本建設業連合会 BIM専門部会
専門工事会社BIM連携WGの一員として参加なされた
buildingSMART Standard Summit 2016 jeju」の参加報告と
日建連における施工BIMの取組み」についてお話して頂きました!

buildingSMART Standard Summit 2016 jeju」の参加報告では、
2016年9月に韓国の済州島で行われた会議の内容をお話し頂きました。

海外における施工BIMについて
①鉄骨FAB・外装工事における納まり調整で専門工事会社と連携
②BIMモデルと2D図面の併用は日本と共通の課題
③仮設材等の施工用ライブラリの必要性
④3Dスキャナーの活用
などなど様々な内容をご報告して頂きました。


日建連における施工BIMの取組み」の発表では、
日建連が考える施工BIMスタイル考え方
BIMモデル合意など各社の事例を交えながらお話し頂きました!

施工BIMのこれからとして
・発注者、設計者も含めてwin-winの関係が見えるような
 仕事の進め方ができる生産性の向上
・設計者の参画、加工会社との連携、図面の必要性などの
 記録の残し方(BIMモデル合意・承認)
・施工シミュレーション、実例での効果の掲示、
 取り組む工種の視野を広げる指針などの事例の体系化
などが重要になってくるとのことです!

詳しくは、日建連が発行している
・施工BIMのスタイル
・施工BIMのスタイル 事例集2016
に掲載されているので是非ご覧下さい。



続いては、

(株)イエイリ・ラボ  家入 龍太様で 

「IoTへと進化するBIM/CIMワールド」 です!




今回は、BIM/CIMIoT化しつつある建設業についてお話して頂きました!

スキャン技術や3Dプリンターシミュレーション用ソフトだけでなく、
昨年から注目されているVRIoTなどの現場での活用事例をご紹介頂き、

BIM/CIMのワークフローは、IoTそのもの!」とのことで、

IoTの動向を見れば、今後のBIM/CIMワールドの方向性がわかるとのことです!

最後には、OPEN BIM cafe恒例のここだけの話もとても興味深いお話でした!!
お話の内容は、、、、OPEN BIM cafeに参加された方だけ限定の内緒です☆
是非、生の「ここだけの話」を聞きに来てください!!


さあ!パワーディスカッション!!



恒例の新年福引大会も盛り上がりました!!



次回は3月17日です!!


募集開始は2月1日(水)の正午からです!


では!また!お会いしましょー!