ページ

2016年9月21日水曜日

第53回 OPEN BIM cafe

先日行われました
第53回 OPEN BIM cafe

まず初めにお話しいただいたのは

(株)フィールドジャム 林田 豪元様で

Arch-LOGでプレゼン効率アップ」です!



今回は、
今年の4月にリリースされた建築建材総合検索サイトArch-LOG」に
ついてお話しして頂きました!

Arch-LOGは、商品数としては2万点以上あり、
BIMパーツは現在2700点以上もあるとのことです!

対応しているソフトは、ARCHICADREVITSketchUpがあります。

大きな特徴としてBIMパーツのデータ形式があります。
ユーザーが各ソフトで配置するモデルは、プロキシ用として提供され、
データが軽量化されており、ハンドリングがスムーズになります。

レンダリングする際は、専用のプラグインを使用して
クラウドレンダリングを行います。
クラウドレンダリングをする際にプロキシ用モデルからレンダリング用のモデル
変換されるので、レンダリング画像は詳細な表現になります!

また、データを提供しているメーカーさんもダウンロードやアクセス状況などを
リアルタイムで得ることができるとのことです!

今後もBIMパーツの数が増えていくそうなので注目です!!

https://www.arch-log.com/01-Top.html



続いては、
(株)シェルパ 平川、丸山で
「シェルパのBIMの活用方法(ナレッジマネジメント)」です!





第49回OPEN BIM cafeでは弊社代表 高松より
「シェルパのBIM」について全体概要を発表させて頂きましたが、
今回は、実例をもとに普段取り組んでいる内容について
発表させて頂きました!

改善提案とブログ」や「新入職員BIM習得フロー」、
一日の業務報告」など発表させて頂きましたが、
シェルパがBIMで叶えたいことは、フロントローディング力の向上です!

フロントローディング力を向上させるにはナレッジマネジメントが必要であり、
システマチックナレッジを蓄積する仕組みを日々積み上げています☆

今後も50代の建築技術力若手のBIM技術力
両者を繋げる40代のナレッジマネジメント
だんご3世代作戦で取り組んでいきます!!


さあ!パワーディスカッション!




次回は11月18日です!!


募集開始は10月3日(月)の正午からです!



その前に!

10月27日(木)に行われるArchi Future 2016でお会いしましょう!

http://www.archifuture.jp/2016/

2016年8月1日月曜日

第53回 OPEN BIM cafe募集開始です!

8月になりましたーー!!!


第53回OPEN BIM cafe!


気になる内容はこちらです!!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

--------------------------------------------------------------------
【9/16(金)OPEN BIM cafeのご案内(セミナースケジュール)】 

・18:30~19:10(40分) 
 (株)フィールドジャム 林田 豪元 様
  「Arch-LOGでプレゼン効率アップ」

・19:10~19:20(10分) 
 ブレイクタイム 
 ※お好きなドリンクをお選び下さい 

・19:20~20:00(40分) 
 (株)シェルパ 藤井、丸山、平川 
  「シェルパのBIMの活用方法(ナレッジマネジメント)」 

・20:00~21:30(90分) 
 パワーディスカッション 
 ※ビジネス力アップのためのパワーディスカッション 

--------------------------------------------------------------------

先着20名です!

お申し込みはこちら↓ ↓ ↓

http://kokucheese.com/event/index/413863/

では、みなさま!
お待ちしております!
9月16日にお会いしましょーー!

2016年7月18日月曜日

第52回 OPEN BIM cafe

先日行われました
第52回 OPEN BIM cafe


まず初めにお話し頂いたのは、

(株)日刊建設通信新聞 西原 一仁 様
「企業のBIM導入アンケートを紐解く」 です!




今回は、建設通信新聞5月31日(火)に掲載されたBIM特集号に合わせて
実施されたBIM導入アンケートについてお話して頂きました。

主なアンケート質問項目は、以下の4点です。
・BIM導入状況について
・BIMの専門組織、専門チームの有無
・BIM投資の計画・実施について
・BIM教育の計画・実施について

アンケート結果からひも解かれる設計事務所ゼネコン
BIM導入の目的目標取り組みなどの違いを
記者の目線からお話しして頂きました。

講演の最後には、恒例の建設通信新聞の
ここだけのお話しもして頂きました!!
お話の内容は、、、、OPEN BIM cafeに参加された方だけ限定の内緒です☆
是非、生の「ここだけの話を聞きに来てください!!



続いてのお話は、
(株)大林組 本谷 様
ラティス・テクノロジー(株) 倭 様 
「維持管理システム「BIMobile」について」 です!




今回は、iPad上で稼働するBIM活用ツールである
BIMobile」についてお話しして頂きました!

BIMobileの特徴として、
・3Dモデルの軽量化属性情報の継承による、BIMモデルの一貫利用
・iPad活用による業務効率化
・Excelによる情報管理
が主な特徴とのことです!

BIMモデルは、そのまま活用するとなるとデータ容量が
とても重くなりなかなか活用が難しくなりがちです。
しかし、ラティス・テクノロジー様が開発した「XVL」を採用することで、
データ容量が約100分の1にまで削減できるとのことです!

さらにBIMobileでは、BIMの属性情報をExcelで管理し、
Cloudを通してモデルと照らし合わせることで、
リアルタイムに情報を閲覧・管理できるとのことです。

BIMの現場活用やFMへの展開には、iPadの活用も重要ですね!

最後には、実際にBIMobileデモも行って頂きました!!





さあ、パワーディスカッション!



次回は9月16日です!!


募集開始は8月1日(月)の正午からです!


では!また!お会いしましょー!

2016年6月1日水曜日

第52回 OPEN BIM cafe募集開始です!

6月になりましたーー!!!


第52回OPEN BIM cafe!


気になる内容はこちらです!!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

--------------------------------------------------------------------
【7/15(金)OPEN BIM cafeのご案内(セミナースケジュール)】 

・18:30~19:10(40分) 
 (株)日刊建設通信新聞 西原 一仁 様  
  「企業のBIM導入アンケートを紐解く」 

・19:10~19:20(10分) 
 ブレイクタイム 
 ※お好きなドリンクをお選び下さい 

・19:20~20:00(40分) 
 (株)大林組 本谷 様/ラティス・テクノロジー(株) 倭 様 
  「維持管理システム「BIMobile」について」 

・20:00~21:30(90分) 
 パワーディスカッション 
 ※ビジネス力アップのためのパワーディスカッション 

--------------------------------------------------------------------

先着20名です!

お申し込みはこちら↓ ↓ ↓

http://kokucheese.com/event/index/400702/


では、みなさま!
お待ちしております!
7月15日にお会いしましょーー!

2016年5月27日金曜日

第51回 OPEN BIM cafe

先日行われました
第51回 OPEN BIM cafe


まず初めにお話し頂いたのは、

菊川工業株式会社 屋敷 健市様
「モデルによる設計~製造~施工までの一貫した生産管理」です!



今回は、
菊川工業での3DCADBIM活用事例についてお話して頂きました!

現在3DCADは、バラ図を起こす際にSolidWorksを主に利用しているとのことでした。

3DCADを利用するメリットとしては、

正確に素早く計算できる「材料の自動算出」
作成時間が手動の1/20にもなる機械加工データ作成」、
関係各者の把握度が格段に上がる3Dプリンタによる形状確認

ということが挙げられ、ある事例では2Dで作図するよりも、総作業時間30%削減にもなったそうです!

また、BIMを広げる上での問題として、

BIMデータは2Dデータよりも早く作成できるという誤解がある。
・形状データの重要性が高いため、データの正確性確認に多くの時間を要する。
中間フォーマットが統一されていない。

などBIMを利用する上で整備しなければならない点もまた多くあるとのことでした。



続いてのお話は、
株式会社アプリクラフト 中島 淳雄 様
Rhinoceros+Grasshopperを使用した複雑形状の
      パラメトリックモデリングと構造解析用データの作成」です!






今回は、
RhinocerosとGrasshopperの活用事例についてお話して頂きました!

デジタルデザインツール発展の流れとして

〇第1世代デジタルデザイン
2D図面を忠実に3次元化することで、デジタル化による生産効率の向上

〇第2世代デジタルデザイン
図面で表現しきれない立体形状を、n次元パラメーター曲線・曲面で具現化

〇第3世代デジタルデザイン
アルゴリズムと大量データ処理、Script言語による3次元形状作成による、
アルゴリズムによる意思決定・思考支援

が挙げられ、RhinocerosGrasshopperを例に、
進化を遂げるデジタルデザインツールを紹介して頂きました!

今後も第4、5世代と、更に発展が続いていくのでは!?とのことでした!

また、4月に発表されたRhinocerosArchiCAD、そしてGrasshopperとの
連携ができるアドオンの紹介もして頂き、
BIMの可能性が益々広がっていくと感じられました!!



さあ、パワーディスカッション!

今回は、今話題のIoTを遊びながら体感できるsonyMESHで盛り上がりました!

MESHとは、「MESHタグ」と呼ばれるBletoothで繋がる7種類のセンサーと「MESHアプリ」を
つなげて様々な仕組みを作って遊ぶことができます。

お客様皆さんがMESHの周りを囲んで、アプリを操作して楽しみ、
ピコーン!」というMESH特有の効果音が、会場中に響き渡りました!!




次回は7月15日(金)です!!

募集開始は6月1日(水)の正午からです!


では!また!お会いしましょー!

  

2016年4月14日木曜日

50回の節目を迎えました!

シェルパ東京オフィス開設を機に、2011年5月にスタートした、
「OPEN BIM cafe」は2016年3月に50回目の節目を迎えました。

これまでに延べ94名の方々に講師として最新BIM情報を発信いただき、
延べ1000名を超える方々に参加頂きました。

その活動が建設通信新聞社の4月13日の紙面で紹介されました。




http://kensetsunewspickup.blogspot.jp/2016/04/bim50bim.html


講演者の方や参加頂く方々に支えられて、「OPEN BIM cafe」は
5年間続けることが出来ました。
皆様に支えていただきながら50回を迎えられたことを、心より感謝
いたします。
微力ながら、これからも地道にこつこつと継続して行く所存です。

皆さま、今後ともよろしくお願いします!

株式会社シェルパ 代表取締役 高松 稔一


2016年4月1日金曜日

第51回 OPEN BIM cafe募集開始です!


4月になりましたーー!!!


第51回OPEN BIM cafe!


気になる内容はこちらです!!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

--------------------------------------------------------------------
【5/20(金)OPEN BIM cafeのご案内(セミナースケジュール)】 

・18:30~19:10(40分)  

 菊川工業(株) 屋敷 健市 様  
「モデルによる設計~製造~施工までの一貫した生産管理」 

・19:10~19:20(10分) 

 ブレイクタイム  ※お好きなドリンクをお選び下さい 

・19:20~20:00(40分) 

 株式会社アプリクラフト 中島 淳雄 様 
「Rhinoceros+Grasshopperを使用した複雑形状の
      パラメトリックモデリングと構造解析用データの作成」 

・20:00~21:30(90分)  パワーディスカッション 

※ビジネス力アップのためのパワーディスカッション 

--------------------------------------------------------------------

先着20名です!

お申し込みはこちら↓ ↓ ↓

http://kokucheese.com/event/index/387818/


では、みなさま!
お待ちしております!
5月20日にお会いしましょーー!